もう既に歯の周囲のエナメル質を浸食するほど症状の進んでしまった歯周病は、万が一病状そのものが安定したとしても、失った骨が元通りに再建されることは無いに等しいのです。

鍼を体に刺す、という物的な複数の刺激が、神経細胞を活発にし、神経インパルスという呼称のいわば電気信号の伝達を誘引すると言われています。

拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、身体中の血管に強い負荷がかかった結果、身体中至る所の色々な場所の血管にトラブルがもたらされて、合併症を誘発する度合いが拡大します。

暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身両面のストレス、老化といった複数の誘因が合わさると、インスリン分泌が減ったり、機能が衰えたりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症します。

人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別することができますが、この中耳付近に細菌やウィルスがうつって炎症が誘発されたり、体液が溜まる症状を中耳炎と呼んでいます。

食事という行為は、食べる物をなんとなく口に入れたら数回咀嚼して後は嚥下するだけだが、その後身体は実にまめに活動し続けて異物を身体に取り込むよう努力している。
我が国における結核対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」にならう形でなされてきましたが、2007年から結核以外の感染症と等しく「感染症法」という名の法律に基づいて遂行されることが決定しました。