人間の体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に機能する糖質、細胞の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、度の過ぎたダイエットではこういった体調をキープするために欠かすことのできない要素までも減少させている。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が原因で生じる湿疹で、分泌がおかしくなる主因としてはアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの乱れやV.B.複合体の枯渇などが関わっているのです。

子どもの耳管の作りは、大人のそれと比較すると太くて長さがなく、なおかつ水平に近いため、菌が潜り込みやすくなっているのです。

小さな子供が急性中耳炎にかかりやすいのは、この事が関係しています。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まってしまい、血流が停止し、栄養や酸素が心筋に配達されず、筋線維そのものが壊滅状態になる恐ろしい病気です。

食事中は、食物をなんとなく口へ運んで20回前後咀嚼して嚥下して終わりだが、その後人体は実に律儀に機能し続けて異物を体に取り入れるよう励んでいる。
患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの危険な症状が見られます。