もし婦人科の検査でやはりエストロゲンとゲスターゲンの量が足りず早発経(early menopause)と判明した場合は、足りない女性ホルモンを補ってあげる処置等で治せます。

塩分や脂肪分の大量摂取は避けて自分に合った運動を行い、ストレスのかかり過ぎない日常生活を続けることが狭心症の要因となる動脈硬化を予め防ぐ方法です。

内臓脂肪過多の肥満が診られ、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧、高血糖の中で2つ以上に合致する様子のことを、内臓脂肪症候群と呼んでいます。

AIDSというのはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって生じるウイルス感染症のことで、免疫不全を引き起こし健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や悪性新生物などを複数発症してしまう症候群のことを指し示します。

上が140以上、下が90以上の高血圧が長引くと、体中の血管に強い負荷がかかった結果、頭頂からつま先に至るまで色々な血管にトラブルが起きて、合併症を招く率が拡大します。

鍼灸用の針を患部に刺す、という物的な程よい複数の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスと呼ばれる要するに電気信号伝達をもたらすという見解が広まっています。

1回永久歯の周りを覆っている骨を脆くさせるまでに悪くなってしまった歯周病は、あわよくば病状自体が落ち着くことはあっても、無くなった骨が元通りになることはまずありません。
「体脂肪率」というものは、身体の中の脂肪が占有する割合のことで、「体脂肪率=体脂肪量÷体重(キロ)×100」という数式によって弾きだせます。