季節性インフルエンザのワクチンでは、これまでの膨大な研究により、予防の効用が見込まれるのは、ワクチンを注射したおよそ14日後から約150日間位だろうということが分かりました。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことに加えてスモーキング・アルコールを毎晩飲む事・肥満症などの生活習慣が乱れたこと、ストレスなどにより、殊更日本人に多い疾患だということができます。

体脂肪の量には変化がないのに、体重が飲み食いや排尿などによって短時間で増減するようなケースでは、体重が増加すると体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少した方は体脂肪率が高くなることがわかっています。

塩分と脂肪の摂取過多はやめて運動に励むだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような毎日を心がけることが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め予防するポイントだといえます。

今、若い世代で結核菌(けっかくきん)の抵抗力、即ち免疫力の弱い人々が増えたことや、早合点のために受診が遅れることなどが主因の集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や煙草・アルコールの習慣・肥満といったライフスタイルの乱れ、ストレス等によって、今日本人に多く発生している疾患だということができます。

ミュージックライブの開催される場内やクラブなどに備えられたものすごく大きなスピーカーのすぐ脇で大音量を浴び続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と称しています。