吐血と喀血、2つとも口から血を吐くことですが、喀血というものは喉から肺をつなぐ気道(きどう、呼吸器の一つ)から出血する症状で、吐血とは無腸間膜小腸よりも上部の消化管から出血する病状を指しているのです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは睡眠中ではない覚醒状態で生命活動を維持していく(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張の保持等)ために必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量のことを指すのです。

汗疱状湿疹は手の平や足の裏、または指と指の隙間などに小さめの水疱が出る病気で、広くは汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏に出ると足水虫と混同される場合もままあります。

患者数が増加しているうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、強い憂うつ感、不眠なかなか抜けない倦怠感、食欲低下、体重減少焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの様々な症状が現れるのです。

明るくない場所では光量が不足して見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーがかかってしまい、結果的に明るい所でものを見るより疲れるのが早くなります。

何かを食べる時は、食べようと思った物を気軽に口へ入れて幾度か噛んで後は嚥下するだけだが、その後も人体は本当に健気に活動し続けて異物を人体に取り入れるよう努めている。レーシックに関する最新情報はここからご覧ください。